Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEITZ(ライツ)製 2つ穴パンチ〔ベルリン〕

photo_pari_leitz01.jpg

ステーショナリー
このフォルムに惹かれてしまうのはなぜなのでしょうか。
今回の旅では、2つ穴パンチとの素敵な出会いがたくさんありました。

そのなかでも,特にドイツLEITZ(ライツ)製の古いパンチは存在感があって蚤の市で出会ったら最後連れて帰るしかないのです。

この左の大きなパンチには、NO.138と刻印がされています。
裏面は鉄製スライド式。
年代は不明ですがペンキのはがれも少なくパンチとして十分働いてくれます。

右の小さな緑色パンチは、NO.58の刻印。
裏面は鉄フタ取り外し式。
こちらも年代は不明。
フタの内側に少しサビはありますが、テンポよく穴を空けてくれます。
こっちの方が実用的かもですが、どちらも用途は一緒。
同じサイズの穴を同じ間隔で空けてくれます。

LEITZ(ライツ)製、意外にも2つ穴パンチを購入しました。
選ぶポイントは裏面のデザイン。
ゴムなら我慢。それ以外なら連れて帰る。

そんなこんなで10数点。
重いはずです。

Appendix

rusk store

rusk

古道具
EEL homspun maillot TUKIの販売



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。